知床旅情 / フルートが奏でる心の歌


フルートランキング

↑↑↑ あなたの「ポチッ」が励みになります。

「知床旅情」(しれとこりょじょう)は、森繁久彌が作詞・作曲を手がけた楽曲。初出時の題は『しれとこ旅情』。1960年発表。
知床を舞台にしたご当地ソング。知床とは、北海道北東部に位置する知床半島一帯をさす知床国立公園があり、2005年7月17日には世界遺産に登録された。

楽曲制作者は、俳優業のほかに歌手としてNHK紅白歌合戦への出場歴もある森繁久彌である。森繁が1960年の映画『地の涯に生きるもの』の撮影で知床半島の羅臼村(現:羅臼町)に長期滞在した際に制作され、その最終日に羅臼の人々の前で「さらば羅臼よ」という曲名で披露された。

1962年の大晦日に放送された第13回NHK紅白歌合戦では、森繁自身によって披露された。1965年に森繁の歌でシングルレコードとして発売された。

なお、森繁は1975年3月にNHKホールで挙行された日本放送協会開局50周年記念式典において、昭和天皇と香淳皇后の御前で「知床旅情」を歌唱している。(「ウィキペディア」より)

使用した楽譜はトリム楽譜出版「フルートが奏でる心の歌」です。

 

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

* コメントフィード

トラックバックURL: http://smile-flute.com/%e7%9f%a5%e5%ba%8a%e6%97%85%e6%83%85-%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%8c%e5%a5%8f%e3%81%a7%e3%82%8b%e5%bf%83%e3%81%ae%e6%ad%8c/trackback/