琵琶湖周航の歌 / フルートが奏でる心の歌


フルートランキング

↑↑↑ あなたの「ポチッ」が励みになります。

琵琶湖周航の歌(びわこしゅうこうのうた)は、日本の学生歌の一つで、琵琶湖および周辺地域を題材とした、滋賀県のご当地ソング (cf.) の一つ。1917年(大正6年)6月28日成立(作詞:小口太郎、作曲:吉田千秋)。
琵琶湖を中心とした滋賀県の風景が歌われる、全6番からなる曲である。

この曲は1917年(大正6年)6月28日、第三高等学校(三高。現在の京都大学)ボート部の部員による恒例の琵琶湖周航の途中、部員の小口太郎による詞を「ひつじぐさ」(作曲:吉田千秋)のメロディーに乗せて初めて歌われた。その後この歌は、三高の寮歌・学生歌として伝えられた。

1933年(昭和8年)に最初のレコーディングが行われた。第二次世界大戦後、多くの歌手によって歌われたが、特に1971年(昭和46年)に加藤登紀子がカヴァーしたレコードは大ヒットを記録した。

歌の舞台となった琵琶湖畔には、複数の歌碑が立っている。歌の「誕生の地」とされる滋賀県高島市今津町には琵琶湖周航の歌資料館がある。(「ウィキペディア」より)

使用した楽譜はトリム楽譜出版「フルートが奏でる心の歌」です。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

* コメントフィード

トラックバックURL: http://smile-flute.com/%e7%90%b5%e7%90%b6%e6%b9%96%e5%91%a8%e8%88%aa%e3%81%ae%e6%ad%8c-%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%8c%e5%a5%8f%e3%81%a7%e3%82%8b%e5%bf%83%e3%81%ae%e6%ad%8c/trackback/