時計台の鐘 / フルートが奏でる心の歌


フルートランキング

↑↑↑ あなたの「ポチッ」が励みになります。

昭和2年(1927)3月、バイオリニスト高階哲夫(たかしな・てつお)が妻でアルト歌手のます子とともに札幌でコンサートを行った際、札幌の町の印象をまとめたのがこの曲です。
今では、時計台の歴史と結びついて、札幌市民の心の歌となっています。

テーマとなった時計台は、明治11年(1878)に北海道大学の前身・札幌農学校の演武場として建設されました。明治36年(1903)に農学校が北海道大学の現在地に移転したあと、明治39年(1906)に札幌市(当時は区)が演武場を買い取って、現在の北一条通、市役所のはす向かいに移しました。

この間の歴史は札幌市時計台のホームページ で知ることができます。また、『時計台の鐘』の解題は、前川公美夫著『響け「時計台の鐘」』(亜璃西社)で詳しく述べられています。(「二木紘三のうた物語」より)

使用した楽譜はトリム楽譜出版「フルートが奏でる心の歌」です。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

* コメントフィード

トラックバックURL: http://smile-flute.com/%e6%99%82%e8%a8%88%e5%8f%b0%e3%81%ae%e9%90%98-%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%8c%e5%a5%8f%e3%81%a7%e3%82%8b%e5%bf%83%e3%81%ae%e6%ad%8c/trackback/