千の風になって / フルートが奏でる心の歌


フルートランキング

↑↑↑ あなたの「ポチッ」が励みになります。

『千の風になって』(せんのかぜになって)は、アメリカ合衆国で話題となった詩『Do not stand at my grave and weep』の日本語訳。また、それを歌詞とする歌。

2001年、新井満が、アメリカ合衆国発祥とされるこの詩を日本語に訳し、自ら曲を付けた。原詩の3行目 “I am a thousand winds that blow” を借りて『千の風になって』のタイトルがつけられた。この歌の歌詞に秋・冬・朝・夜があって春・夏・昼がないのは、原詩で韻を踏むためにそれらの言葉が使われているためである。
当初、新井は私家盤としてこの曲のCDを30枚のみプレスし、知人に配布していたが、2003年8月28日付の朝日新聞朝刊『天声人語』で『Do not stand at my grave and weep』が取り上げられた際に新井の訳詩が掲載され、少しずつ話題となっていった。

2004年には、同タイトルによる劇映画も製作された。監督・脚本は金秀吉。出演は南果歩、吉村実子、西山繭子。配給シネカノン。新井も主題歌と脚本協力で参加している。ロードショー上映時に観た人や、NHK紅白歌合戦で歌を知った人たちからの要望はあるが、いまだDVD・ビデオは発売されていない(制作会社はDVD発売を新聞サイトにアナウンスしているが発売時期は未定。ただし、2010年にポニーキャニオンから<図書館用DVD>が発売されている)。

2005年には宝塚歌劇団の彩乃かなみが、阪神大震災から10年のチャリティーコンサートで歌った。

2006年に秋川雅史によるバージョンが発表され、同年の第57回NHK紅白歌合戦への出場を機に一般的に知られることとなったが、それ以前からこの作品はいくつかのアーティストにより発表されている。

2006年11月福山雅治がライブ「PHOTO STAGE」で、同時多発テロの写真を上映しつつ、『千の風になって』を朗読している。

「千の風になって」の楽譜も多数市販されており、主なところでは混声合唱用としては太田桜子編曲のもの。吹奏楽用としては小島里美編曲(出版:ミュージックエイト)、船本孝宏編曲(出版:ウィンズスコア)のもの。また木管五重奏用として三浦秀秋編曲(出版:ウインズスコア)のものが発売されている。(ウィキペディアより抜粋)

使用した楽譜はトリム楽譜出版「フルートが奏でる心の歌」です。

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

* コメントフィード

トラックバックURL: http://smile-flute.com/%e5%8d%83%e3%81%ae%e9%a2%a8%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6-%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%8c%e5%a5%8f%e3%81%a7%e3%82%8b%e5%bf%83%e3%81%ae%e6%ad%8c/trackback/