レッスンメモ(20180214)


フルートランキング

↑↑↑ あなたの「ポチッ」が励みになります。

 

本日のレッスン内容メモ(S様)

・使う息の量を少なく、かつ息圧をかけるようコントロール(声帯で)

・声帯を通ってきた少ない息にスピードをつける(唇で)

・上記2つ(声帯、唇)のダブルゲートで少ない息量でクリアな音の立ち上りをつくる。

・音が低くなるごとに鳴らしにくいので息を強く吹きたくなるが、逆に息量を減らして確実に鳴らす。この時に息圧が落ちないように気を付ける。

・短い音の刻みは息圧を保ち(腹、声帯)舌の少しの動作でクリアに出すようにする。

・高いFis(ファ#)は音程が高くなるので、しっかり息圧をつくり息量であおらないよう丁寧に鳴らす。

・Fisの替え指(右手中指)を普段から使い慣れる。

・細かい三連符は、まず全体をレガートに練習し、次に拍の頭(三連符の先頭)の音をクリアに鳴らす。1拍ずつ押さないよう注意する。

 

#フルート個人レッスン東京,#フルート個人レッスン神奈川,#フルート個人レッスン埼玉,#フルート個人レッスン

コメント

レッスン内容をこんな風にまとめていただくと、とてもためになります!録音内容と合わせて、繰り返し練習いたします。ありがとうございました!

2018年2月14日 10:19 PM | 佐保美奈子

佐保様
本日のレッスンお疲れさまでした。
今後もどうぞ、よろしくお願いいたします。

2018年2月15日 1:25 AM | kuni

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

* コメントフィード

トラックバックURL: http://smile-flute.com/%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b9%e3%83%b3%e3%83%a1%e3%83%a2%ef%bc%8820180214%ef%bc%89/trackback/